高濃度ビタミンC点滴を保管するサプリメント

ナノカプセル化したビタミンCは吸収率がとても高く、高濃度ビタミンC点滴を取り扱う医師が補完サプリメントとして使用しています。

リポソームを使った理想的なビタミンC吸収を実現

ビタミンCを多く摂取する人は、肺がん・乳がん・結腸直腸がんなど、多くの種類のがんを発症するリスクが低くなると、厚生労働省が発表しています。さらに、血液中のビタミンC濃度が非常に高い状態では、腫瘍が縮小する可能性があるという結果が、動物実験などで示されています。

しかしながらビタミンCは、口からの摂取では非常に吸収されにくく、すぐに体内から排出されてしまいます。大量のビタミンCを摂取しようとするほどこの傾向は強くなるため、どんなに大量に摂取しても吸収できる限界量を超えて体内に取り込むことは不可能と言われています。

ところが、ビタミンCをリポソーム化したこの製品では、吸収できる限界量を越えて血中濃度が高まり、時間が経っても血中濃度が落ちにくいことが分かりました。

(出典: STEPHEN HICKEY, HILARY J. ROBERTS, & NICOLAS J. MILLER Journal of Nutritional & Environmental Medicine, 2008; http://lypo.medsup.jp/evidence)

リポ – カプセルビタミンCの特徴

すぐに消化管に運ばれ、小腸から吸収されます

リポソーム化(超微細な球状カプセル化)されており、その中にビタミンCを閉じ込めることで消化液の影響などから保護され、小腸に届くとすぐに吸収されます。

最新のナノテクノロジーを駆使した画期的なサプリメント

サイズ制御が難しいといわれるリポソーム技術を飛躍的に高めたことで、本製品は均一な粒度(約100ナノメートルの大きさ)で作られています。そのため、リポソーム化されたビタミンCが目的の細胞へ集中的に効果を発揮できます。

安心・良質な日本製のリポソームです

医薬品製造レベルのクリーンルームにて製造しています。また、本製品のように水に溶けるリポソームは、良質な証です。

lypoc_reco本製品は最新にエビデンスに基づいた点滴療法を提供する医師による点滴療法研究会の推奨サプリメントです。

点滴療法研究会は、科学的に根拠のある様々な点滴療法を研究し提供する医師・歯科医師を会員とするグループです。(詳しくはこちら