更年期障害診断

セルフチェックシートを使って、ご自身で簡略的に更年期障害を診断することができます。

更年期障害というのは、ホルモンバランスの崩れから起こります。

一般的に言われている更年期障害の症状は、

  •  全身がだるい、疲労感が抜けない
  •  顔がほてる、腰や手足が冷えやすい、息切れ・動悸がする
  •  食欲がなくなる、寝つきがわるい、眠りが浅い
  •  怒りやすくイライラする、くよくよしたり憂うつになる

などです。

「更年期障害」と聞くと、女性の症状をイメージする方が多いかもしれません。しかし最近では、男性にも更年期があると言われています。

女性の更年期障害

40代以上の女性は要注意!更年期障害とは?

女性の場合は、女性ホルモンが分泌されることで月経が起きます。しかし閉経するあたりから女性ホルモンの分泌が悪くなります。

女性の更年期障害では、女性ホルモンのひとつである「エストロゲン」が関係しています。脳の視床下部の下垂体が女性ホルモンの分泌の指示を出すのですが、加齢による卵巣機能の衰えによって女性ホルモンの分泌が悪くなり、指示しても分泌されないことに脳が混乱してしまうのです。こうして脳と体のバランスが崩れることで、精神的に不安定になるのです。

視床下部というのは、体の色々な機能を調整する自律神経もコントロールしているため、脳が混乱すると自律神経も混乱し、異常な発汗などの更年期障害の症状が出ることになります。

更年期とは、女性で言うと40代後半から50代前半頃にかけての年齢を言います。
なので更年期障害は、基本的には45歳くらいから発生します。しかしながら最近では、30代後半から40代前半の女性でも、更年期障害と同じような症状が出る方が増えており、プレ更年期と呼ばれています。

女性の更年期障害の診断と治療

更年期障害は、心療内科や婦人科で診てもらうことができます。

更年期障害かな?と思ったら、まずは下の更年期障害診断シートでチェックしてみましょう。

チェックの数が多いほど、更年期障害の可能性が高くなります。

更年期障害診断シート(女性用)

簡略的に更年期障害を診断する際には、このチェックシートの項目に応じて点数を付けていきます。

あなたはいくつ当てはまりますか?

 顔がほてる
 汗をかきやすい
 腰や手足が冷えやすい
 息切れ・動悸がする
 寝つきがわるい・眠りが浅い
 怒りやすくイライラする
 くよくよしたり憂うつになる
 頭痛・めまい・吐き気がよくある
 疲れやすい
 肩こり・腰痛・手足の痛みがある
 生理周期が不規則・経血の量が少なくなる

多いほど、更年期障害である可能性が高くなります。

チェックの数が・・・
0~2個  今のところ大きな問題はありません。
3~7個  更年期障害に注意が必要です。ライフスタイルの改善が必要です。
8個以上  更年期障害以外の病気の恐れもあります。早急な受診をおすすめします。

ただし、これらの症状のいくつかは、夏バテなど季節の変わり目の体調不良の症状にも当てはまります。夏バテなどの体調不良なのか更年期障害なのか、まだ明確な診断を受けていない場合、当クリニックでは血液クレンジングや高濃度ビタミンC点滴をお勧めしています。

更年期障害のような症状が初めて出た方などは、一度診断を兼ねて血液クレンジングや高濃度ビタミンC点滴をお勧めしています。夏バテなどの場合には、これらの療法で症状はおさまります。もし更年期障害だった場合には、こうした療法では効果は期待できません。

更年期障害かと思い市販薬を飲んだりする人もいますが、まずはビタミンC点滴療法や血液クレンジングをお試しください。
それで正常な状態に戻れば、薬を飲む必要はありません。更年期障害ではない、ということです。

男性の更年期障害

男性の更年期障害には、男性ホルモンである「テストステロン」が大きく関係しています。テストステロンが最も多い時期は20代ですが、それを過ぎると徐々に低下します。これが更年期障害の原因とされています。

一般的に男性ホルモンの低下というと、性欲減退やEDなどと結びつけられがちです。
しかしそれ以外にも、男性ホルモンは精神にも多大な影響を及ぼしています。それゆえ、やる気の減退・うつ症状・筋肉痛・成人病リスクの増大なども、男性の更年期障害の症状として現れることがあります。

男性ホルモンである「テストステロン」の低下が原因となっていますので、更年期障害かを調べるにはテストステロンの量を測ります。当クリニックをはじめ、病院では血液や唾液を採取等からテストステロンの量を簡単に調べることができます。

男性の更年期障害の診断

まずは病院に行く前に、下の更年期障害セルフチェックシートで自己診断してみましょう。チェックの数が多いほど、更年期障害の可能性が高くなります。

更年期障害診断シート(男性用)

簡略的に更年期障害を診断する際には、このチェックシートの項目に応じて点数を付けていきます。

あなたはいくつ当てはまりますか?

 性欲の低下を感じる
 勃起力が弱くなった
 尿の勢いが低下した
 体力、持続力が低下した
 運動する能力が低くなった
 身長が低くなった
 もの悲しい、隙間風が吹くような気分
 怒りっぽくなった
 楽しいと感じることが少なくなった

多いほど、更年期障害である可能性が高くなります。

チェックの数が・・・
0~2個  今のところ大きな問題はありません。
3~7個  更年期障害に注意が必要です。ライフスタイルの改善が必要です。
8個以上  更年期障害以外の病気の恐れもあります。早急な受診をおすすめします。

ただし更年期障害は、症状がはっきりしない病気でもあります。実際に季節の変わり目などの体調不良、身体の疲れ、ホルモンバランスの崩れ、他に悪い病気があるなど、様々な理由で同様の症状を訴える方がいます。疲れであれば、そのうち回復するでしょうが、いわゆる「隠れ更年期」のような状態の方もいます。そのまま鬱のような感じになっている方もいらっしゃいます。

また、男性ホルモン「テストステロン」の減り方には個人差があり、減っていると言っても、どこからが更年期障害という明確な判断がしにくくなっています。不調が続いたり、男性機能の低下など上のチェックリストに多く当てはまる方は、一度クリニックを受診してみましょう。

男性の更年期障害の治療方法

治療方法には、主に「ホルモン補充療法」や「漢方薬」が挙げられます。

漢方薬

症状により適切な漢方薬を処方してもらうことができます。副作用も少ないのが特徴です。

ホルモン補充療法

その名の通り低下した男性ホルモンであるテストステロンを、注射によって補充する治療方法です。
テストステロンの測定値が低い方には、特に有効です。
様々な更年期障害の症状に効果的で、漢方薬よりもよく効きます。

ただし、ホルモン補充療法では、髪の毛が抜けやすくなるという弊害があります。
男性ホルモンが多い人は、ヒゲや体毛が濃く、はげる方が多いというのはご存知な方が多いと思います。その男性ホルモンを注射するので、その傾向が強くなります。

一方で、男性ホルモンを注射すると、筋肉がついて、性欲もつきます。
ホルモンを打つことで若々しさを保ち、60歳なのに50代前半や40代みたいに見える方も時々いらっしゃいます。

診断・治療料金

※ 男性の更年期障害検査および治療は、自費診療となります。女性の更年期障害診断は、保険適用となる場合があります。
詳しくはクリニックまでお問い合わせください。

  • テストステロン補充療法
    1回 ¥2,500+税
© Copyright - ひろい内科クリニック