肛門外科

痔・肛門痛・排便時出血に「切らない痔の治療」

痛くない痔の治療を行っています。ジオン注と言う注射で、手術せずに痔を治すことができます。

この治療法のメリット

① 手術と違い、切らずに治療するため、日帰りでの治療ができます。
② 無痛化剤を使い、痔核の痛みを感じない部分に注射をするため痛みと出血が少ない

「ジオン注」(四段階注射法)とは?

内痔核(排便時に出てくる、あるいは普段から出たままになっているようないぼ痔)に対して、切らずに注射による治療を可能にしたお薬です。

“脱出を伴う内痔核”にジオン注を投与して痔に流れ込む血液の量を減らし、痔を硬くして粘膜に固着・固定させ退縮させます。
痔核を切り取る手術と違なり、痔核の痛みを感じない部分に注射をするので痛みを感じることもなく、日帰りでの治療ができます。

解説動画

治療の流れ

  • 問診を行い、スコープで患部を確認します

    当クリニックでは、デジタルスコープを使用し、患者様も患部を見て説明を聞くことで、安心して治療を受けていただけます。

  • 麻酔を行い、「ジオン注」(四段階注射法)を行います

    ジオン注を投与する前に肛門周囲への麻酔か、下半身だけに効く麻酔を行い肛門周囲の筋肉を緩めます。
    投与は、一つの痔核に対して4か所に分割して行います。これは痔核に薬液を十分に浸透させるための方法で、このため四段階注射法と呼ばれています。

  • 投与後はしばらく、麻酔の影響がなくなるまで安静にします

    治療後1週間~1か月程度で、薬を投与した部分が次第に小さくなり、引き伸ばされていた支持組織が元の位置に癒着・固定して、脱出がみられなくなります。

よくある質問

排便はいつから?

A. 排便は翌日から可能です。

治療後の注意点は?

A. 副作用(血圧低下・嘔気・痛み・出血など)が起きることもありますので、普段と違う気になる症状があらわれた場合には、直ちに受診してください。十分に検査・診察の上、症状に応じた適切な治療を行います。

仕事など社会生活への復帰は?

A. この治療法では、早期復帰が期待できます。
ただし、数日間はできるだけ安静にしましょう。また、力仕事・冷え・長時間同じ姿勢は避けましょう。

痔を再発させないためには?

A. 規則正しい排便生活、おしりを清潔に保つ、おしりへの負担を減らすなどの他、食事にも気をつけることで予防できます。詳しくは、治療時に聞いていただけます。

ひろい内科クリニックまで、お気軽にお電話ください。

© Copyright - ひろい内科クリニック