ひろい内科クリニックでは、苦痛が少ないがん治療を勧めています。

現在広く用いられている化学療法や放射線療法などでは、強い副作用があったり正常な細胞も大きなダメージを受けたりと、からだに大きな負担がかかることが多々あります。
抗がん剤による化学療法に対する認識は、「がんを治す」というより「延命効果があるにすぎない」という認識に変わってきています。化学療法で使用されている抗がん剤はがんを小さくするかもしれませんが、同時にからだも小さくなってしまいます。からだにも大きな負担がかかるからです。

ひろい内科が提案するがん治療は、自然の方法を使うことで患者様にご安心いただけるがん治療を行えると考えております。

免疫細胞療法

0_immun免疫細胞療法が行う再生医療とは、人の体に本来備わっているがんを排除するための免疫機能を高めることでがん治療を行うものです。

ひろい内科クリニックでは、免疫療法クリニックに勤務時の経験や知識を生かし、免疫細胞療法を抗がん剤治療など他の治療法を効果的に組み合わせるご提案することができます。

高濃度ビタミンC点滴療法

0_vitaminc高濃度ビタミンC点滴療法は、癌(ガン)の成長を抑え、抗ガン治療に効果的という研究結果が発表されました。「高濃度のビタミンCはガン細胞を殺す」という論文が、2005年にアメリカ科学アカデミー紀要に発表されています。

ビタミンCは、がんを小さくしたり破壊したりすることが示されています。実際に悪性リンパ腫が週2回の高濃度ビタミンC注射を続けることで寛解状態になったケースもあるほど、効果的な治療法なのです。

サルベストロール

0_salvestrol植物が果実についたカビを溶かすのに出して対応する酵素、それがサルベストロールです。実はこの酵素ががん細胞のアポトーシス(細胞死)を引き起こすことが分かってきました。

サルベストロールは、がん治療の補助的なサプリメントとして、様々な治療との併用が期待できます。また、がん予防としても効果が期待できます。

リポ – カプセルビタミンC

lypoc_02口からの摂取では非常に吸収されにくいビタミンCを、リポソームを使うことで、吸収できる限界量を越えてビタミンCの血中濃度が高めることに成功しました。

リポ-カプセルビタミンCは、最新のナノテクノロジーを駆使した画期的なサプリメントです。

ウクライン点滴療法

ウクライン点滴療法は、天然の植物由来の成分を投与する療法です。この天然成分由来の薬剤は、がんにしか影響を与えないため、健康な身体にはダメージは与えずに治療することができます。

これまでに22か国、58の研究機関で研究されており、高い効果が報告されています。ウクラインの抗がん作用については20年以上前から研究されており、現在では主にヨーロッパでがんに代替医療に使われています。

CART (腹水濾過濃縮再静注法)

cart_01さまざまな病気の影響で、腹腔に通常よりたくさん貯まった水、または状態を腹水といいます。炎症性の病気やがんなどにより、血管から血液成分や水分がしみだしやすくなり、腹水がたまります。CARTとは、Cell-free and Concentrated Ascites Reinfusion Therapy: 腹水濾過濃縮再静注法の略で、肝硬変やがんなどによって貯まった腹水(又は胸水)を濾過濃縮(ろかのうしゅく)して、アルブミンなどの有用なタンパク成分を回収する治療法です。